延段、通路などには、その姿を「真、行、草」の3つに分類する表現方法が、一般的にされている。

「真」その対極「草」、その中間が「行」。

「侘び・寂び」を考えた施工。

どうぞ街で見る路地・通路と比べてご覧ください。


835x40-1


畳石


鉄平


敷瓦